M&Aを行うメリット

M&Aとは企業の合併や買収の事でそれまで別の会社だった2社が一つになったり、ある会社が他の会社を買収して吸収する事です。譲受け企業側のメリットとしては事業規模の拡大や新規事業に必要な経営資源を素早く獲得できる事です。合併や買収をする企業が持っている経営資源を一から自社で構築する事も可能ですが、設備や人材がいない状態から整備するには時間やコストがかかります。そこで既に求めている経営資源を持っている企業をM&Aで買収する事で素早く求めている経営資源を獲得できて、非常に効率が良いです。譲渡企業側のメリットとしては経営状態が悪くて企業の存続が危ない場合でもそれを回避できる譲受け企業によって倒産を回避したり、経営者の利潤の利益の確保と経営者個人が資金確保の為に設定していた個人保証の解除をする事も可能です。また経営に問題はないものの事業を継承する人材がおらず事業継承が難しい場合でもM&Aで解決する事ができます。

M&Aを成功させるためのポイント

M&Aを成功させるためには合併や買収する企業にマッチした企業同士でM&Aを行う事です。M&Aで事業規模を拡大できたり業種は違っても相乗効果を狙える場合は良いですが、ミスマッチでM&Aの効果が得られないとコストだけかかって上手くいきません。その為合併や買収する企業との相性は非常に重要です。買収する時の金額も重要なポイントで、高すぎる金額で買収してしまうとM&Aの効果があってもそれ以上にコストがかかってメリットが薄いです。

M&Aは企業同士の合併や企業買収を意味しますが、事業承継の重要な手段としても行われます。後継者問題を回避したり、従業員の雇用を守ります。