商品を管理するための環境設備

倉庫は商品を管理する場所ですが、ものによっては屋外で管理可能なものもありますので、倉庫内スペースを確保するために、屋外にある軒下などを利用する方法もあります。入荷出荷時以外は、防犯や品質維持のためにシャッターを下ろして人や物の侵入を防ぎます。各エリアには、防犯や安全のために監視カメラを設置する倉庫も多いです。倉庫業務は商品を管理する仕事なので、しっかりした環境整備が必要になります。

危機感を持って事故を減らそう

業務においては怪我をしないように軍手屋ヘルメットの着用を義務付けられます。倉庫で起きる大きな事故の一つにフォークリフトと人との接触が挙げられます。小さな事故は勿論、人が亡くなってしまうような大きな事故はなんとしても起こせません。安全を第一に考えた唱和訓練や指差し呼称を実践することで、事故の撲滅を目指す倉庫も多いです。事故が起こらないようにする対策を考えることや、危険に対する危機感を持つこともで事故を減らすことができます。事故を起こさないようにするための作業者の意識改革はとても重要です。

倉庫の生産性を上げるためには?

倉庫を運営するにあたって、生産性を上げたり品質を高めたりすることはとても大切です。それと同時に倉庫内作業においては、コミュニケーションというものも大事です。ロケーションの管理方法や出庫する際の注意点など教える立場の人間は、倉庫内の作業を全て理解していなければ、優秀な作業者を育てることはできません。ベテランのリフトマンなら、通常の作業の他にプラスアルファ後輩への指導も実践していくべきでしょう。倉庫の生産性を上げるためにも、人が育つ倉庫を目指すべきです。

3PLは3rd Party Logisticsの略で、荷主が手間と費用のかかる物流を、それに特化した専門会社に完全委託する形態をいいます。荷主は本業である商品開発や製造と、販売に注力できる利点があります。