採用試験や入学試験にも利用されます

人間には学力テストや面接だけではわからない部分があります。そのため近年、適性検査を採用試験や入学試験に取り入れている所も多くなっています。公立の高校入試でも適性検査と称した試験を課す県もあり、塾でも対策講座があるほどです。人材採用で失敗しないためには、適性検査は重要な役割を担っており、適性検査の内容や方法も充実してきています。通常の適性検査からわかるのは、性格と能力の2つを診断できます。その検査から仕事への適性や、社風と相性があるか、受験者の人柄などが判断できるのです。たとえ学力が優秀でも、その人物が会社の方針や仕事に適しているかは不明ですが、適性検査からはある程度の判断ができます。会社にとっては従業員の社会性やコミュニケーションの能力なども重要なのです。

適性検査には4つの種類があります。

一口に適性検査といっても、判断しなければならないことは数多くあり、通常4種類の検査が使用されています。それは「能力検査」「資質検査」「精神分析」「定着検査」となります。優秀な人材を求めるため能力や資質を判断すると共に、精神的な問題を抱えていないかとか会社になじんで定着できるかなども判断します。これによって、会社にとって本当に必要な人材と採用してはいけない人材を見分けられるのです。

適性検査の方法について

適性検査は紙による記入やマークシートの記入での検査とWEB上での受験の方法もあります。特別に会場を準備してのペーパーでの受験よりも、WEBでの検査を実施するところが増えています。WEBならば自宅で受験させたり、採用面接の時に、タブレットなどで短時間で受験させる方法があります。

適性検査とは、本人の能力や性質が、目的とする作業に合致しているかを調べるためのものです。身体的、精神的両面を見るものが多いです。心理学や脳科学に基づいて作られているなど、多種多様です。