太陽光発電は売電目的から自己消費に変化している

太陽光発電システムを導入する一般家庭が増えている一方で、太陽光発電所が九州地域を中心として全国に広がっています。地域ごとのバラツキが大きい理由として、大規模太陽光発電所の建設を進めている事業者の存在有無が挙げられます。しかし、太陽光発電による再生可能エネルギーは、買取価格が年々引き下げられているので、近年は家庭用太陽光発電システムは自己消費目的での購入が中心です。なぜなら、売電による収益よりも、電力会社から電気を購入する金額の方が使用量によっては高くなりかねないからです。売電価格が購入電気価格よりも安いことは、市場経済からは当然のことですが、再生可能エネルギー普及促進のために一時的な高値買取が落ちつきつつあります。

売電価格が下がり設備額も安くなっている

太陽光発電により発電した電気は、売電価格が下がったことで一般家庭では利益が出る金額よりも電気の購入量を最小限に抑える方向が良いです。太陽光発電システムの設備額が全国的な普及に伴い安くなっているので、これから太陽光発電システムを導入するなら発電した電気は自宅で使うことを重視した方がお得になります。日中不在時に発電した電気を売電するよりも、今後は蓄電設備に充電した状態で夜間の電気を賄えば良いと考えられます。オール電化住宅ならば、深夜電力により安い金額の電気を使えるので、昼間の売電と深夜電力使用量の間で帳尻が合えば十分です。太陽光発電とオール電化の組み合わせならば、電気の自給率を大幅に引き上げることが出来ます。

太陽光発電は年々、改良が進んでいます。そのため、太陽光発電の価格は、より高性能なものがより安くなってきています。