紙袋に社名を入れておけば企業アピールができます

展示会の時にノベルティを製作する会社は多いと言えましょう。紙袋も一種のノベルティで、他のグッズと比べると使い勝手が良いメリットを持っています。展示会の時にはパンフレットやカタログを自由に持ち帰ることができますが、その都度手持ちのカバンに入れるのでは手間が掛かりますし、会場内を歩き回る時など重量が増して来ると大変です。そのため、手に持って歩き回るのも大変などという理由から、紙袋を提供する会社も少なくありません。紙袋ならその都度パンフレットを中にしまい込んで歩き回れるメリットがあるわけです。紙袋には社名やロゴマークなどを記載しておくと、それを受け取った人が会場内を歩くと同時に自然と企業アピールができるようになる、貰った人も便利に使えるし、宣伝にもなるのが紙袋のノベルティです。

既製品の紙袋を使えばコストや納期にメリットがある

紙袋のデザインを考えて印刷会社に発注する方法もありますが、ノベルティで利用するのであれば経費を削減する、短納期でできる通販店がお勧めです。通販店の中でもノベルティグッズを専門に取り扱っているサイトの場合、既製品に名入れを行うサービスがあるので、自社名やブランドなどを紙袋に記載したものを入手することができます。名入れサービスを行うのは印刷会社で、企業が求める魅力的なアイテムを多数用意しています。印刷が仕事ですから印刷品質も高く安心して依頼ができますし、自社内での製作ができるため、中間マージンが掛からずにリーズナブルな値段で製作して貰える、印刷工程も臨機応変に対応して貰えるので、短納期でも発注が可能です。

紙袋の印刷では、ロゴや色使いなど、デザイン性に注目しがちですが、紙袋の素材にも凝るとワンランク上のものを作ることが出来ます。