リースのメリットはコストと安全性

法人PCは社員分必要になるので大量に導入しないとだめです。予算が多い大企業なら問題ないですが零細企業だとコストがかかるのでたいへんと言えるでしょう。こういうときに便利なのがリースサービスです。
リースはレンタルとは違い契約を行い一定期間借りるサービスで、一見するとレンタルと変わりません。しかしリースのメリットは最新機種を選ぶことができる、アフターサービスもしっかりしているところにあるのが特徴です。特にアフターサービスが便利で急なトラブルが発生したときには業者に依頼をするとすぐに対応してくれます。
基本的にリースで使うPCの所有権はリース会社にあるため、修理費用はリース会社が負担をするのがメリットです。場合よっては無償で代わりのパソコンを用意してくれます。契約期間中は契約解除ができませんが、それ以上のメリットがあるためパソコンに疎い人は検討してみるといいでしょう。

保守サービスを見ておくと便利

法人パソコンは用途に応じたものを利用できるサービスがおすすめです。なので業者を選ぶときには業界内でもトップクラスの品揃えをしているリース会社にするといいでしょう。デスクトップだけでなくノートパソコンやタブレットもあれば大変便利です。
またOSの種類も複数用意されているところなら用途別に使いわけができます。どうしても業者の選び方がわからないときは一括見積もりサイトを使うといいです。ここはコンシェルジュに無料相談できるサービスでピッタリの会社案件を探してもらえます。

BTOは「Build To Order」の略で、受注生産のことを指します。主にパソコンのカスタマイズに使われる用語で、必要な機能を備える事ができます。