外部講師は特定の分野の専門家を呼ぶ

社員研修では専門分野について学ぶことができます。外部講師であれば、そのような特定分野であっても教えることができるからです。仕事で役に立つ技術やスキルを社員研修で学ぶことができるのであれば、外部講師を呼ぶ価値はあるでしょう。また、外部講師であれば、専門で教えているので教え方が上手いです。受講者がどんな年齢層でも対応できますし、難解な教え方をする人はほとんどいません。社員研修でよく問題になる身につかなかったということが、外部講師であれば問題にならないでしょう。

社内講師は社内に関することで活躍する

社員研修をするときには、社内から講師を募って社員研修をする会社もあるでしょう。社内講師を活用するなら社内に関することに限定すると、活躍できる可能性が高いです。他に、外部講師と違って社内講師なら、教える内容を自由に決められるのもメリットです。社内に関わることから派生して、他のことも研修内容に含めることも可能でしょう。ただし、社内講師はプロではありませんので、教えることが上手くないことがあります。その点に考慮して人選すると、充実した研修になります。

一般的なことは外部講師がむいている

社内的なことや専門的なこと以外に、一般的なことを研修で行うことがあります。例えばマナー研修などです。そのような研修の場合は外部講師を呼んだ方がいいです。社内でもできる人がいるかもしれませんが、外部講師のクオリティには叶いません。特にその分野を専門的にしている講師であれば、理解しやすいように教えてくれるでしょう。

管理職研修には労務管理研修が欠かせません。不当残業などが問題視されている昨今では、労働基準監督署の監査も厳しいため従業員の労働時間の管理は必須です。